「子どもの日」ワクワクこいのぼり!・・・Part3

みつばちっこ

今日は「子どもの日」ですね。

 

さて、ゴールデンウィークのお休み前のもみの木さん・ポプラさんの様子です。

 

ポプラさん(4歳児)は長岡京市・小泉川沿いのこいのぼりに出会いに!

HORIZON_0001_BURST20220428105306267_COVER.JPG

HORIZON_0001_BURST20220428095213285_COVER.JPG

青空に泳ぐこいのぼりの下で、思わず♪やねよ〜りたか〜い こいの〜ぼ〜り〜♪のリズム。

DSC_5721.JPG

DSC_5650.JPG

 

ますます、こいのぼり作りに夢中です。保育園のホールにもこいのぼりの群れが!

914F2180-8262-4A42-9346-34D9283C5367

 

D45F30C3-BF65-46BE-8D2B-CDDC142145E6

 

C7978B5E-04ED-4AFF-9207-FB88F9174D33

 

そして年長もみのきさんは、高槻の芥川へ!風に泳ぐ圧巻のこいのぼりの群れに見入る!

A36C30D4-3219-45EB-8D76-D55A14C85D13

9602E14F-C51D-4ECD-B96E-D7EF7866240F

 

 

87AA46BE-3004-49EB-AE96-48842A633461

 

そして、遊ぶ!遊ぶ!

8AB02ADC-734F-4C46-A69C-A9E0B0CBF465

655082CE-7E0C-45D2-B3AB-B832EF223291

66EA17D9-2B8F-4527-8F52-6FE9F5901657

 

広大に泳ぐこいのぼりに出会った、もみのさん、さらに「こいのぼり」への思いは続きます。

BE4854CC-9F99-44B4-A9AB-F11384FBFEAF

 

 

思いがあふれて・・・とうとう、こんな場所で!

B761A0CC-2411-4CC6-86AB-35C3B60D95DC

 

2階の屋上に、自分達でテントを建てて、こいのぼりのい〜ちばんそばで、お昼寝しちゃいました。

9C319650-D3E0-42F3-8183-2B321DB13B31

 

自分達の意志で決めて、行動して、実現して、大満足!ぐっすりやね〜。

BCE018CC-1ED9-4CF6-AE1E-BE5E17D18035

そして。。

「子どもの日」は、大切な日でもあるので・・・。

AFB94BE7-E595-45A0-9038-731B28E400C7

次のブログに続く。。。。

 

西山高原アトリエ村展

みつばちっこ

みつばちっこの「お山の保育園」は“西山高原アトリエ村“の中にあります。

Screenshot_20220504-235453

陶芸・絵画・彫刻・染織・ガラス・木工・・さまざまな分野の芸術家の作家の皆さんが暮らし、ものづくりをする村。普段から、みつばちっこもお山の皆さんに温かく見守っていただき、時には物作りをされている様子(時には、有名博物館に搬入前の作品なども!)も、散歩中に見せていただいたり。

 

そんなアトリエ村で、毎年ゴールデンウィークの2日間。芸術家の皆さんが家や工房を開き、展示・販売されたり、さまざまな芸術イベントが催される、アートフェスティバルが「西山高原アトリエ村展」

みつばち保育園も無認可時代から毎年、園庭を開放し、子どもたちの作品を飾って参加していますよ。

 

コロナ禍の中、3年ぶり・33回目の開催!久しぶりの雰囲気!晴天のお山&うれしい2日間でした。

 

来場者のみなさんを迎える準備OK!

この何年かのみつばちっこの作品や写真を、園庭を美術館にして飾りました

D9F5706A-2A51-4485-87F8-D76A51867189

 

道ゆくみなさんにみていただけるように、外の垣根にも。

088AD7E1-9A7A-4660-B14E-60B07C26B2AE

6F313FB6-BB9A-4BB4-BB60-0BF3125D9AA4

 

そして、もう一つの大活躍!

ふもとからの、アトリエ村展参加のお客様の送迎バスは・・

みつばちっこ園バス&仙頭さんが運転手!一日中、何往復も大活躍。ありがとう。さあ、は自まるよ!

17A83E35-0EC5-45FC-AE0E-795D1F6CEDA5

 

10時スタートから、早速みなさん、いらしてくれました!

みつばち保護者や子どもたちはもちろんですが、それだけでなく、たくさんの皆さんが、大人も子どもも、おやまの保育園でゆーっくりたーっぷり過ごして遊んでいかれました。

 

F0D6A5E9-87E0-492D-A370-8F2480DFBB79

 

「楽し〜い!こんな保育園がよかったな〜」と、遊ぶ、来場者の小学生たち!

“どの子も我が子“みつばちっこだけでなく、全ての子どもたちにとってこんな環境、大切にしたいですね。いっぱい遊んでくれる姿、うれしいひとときです。

DA4A299C-261C-4F00-9D7C-DF5DA3012F36

 

F665D126-1B6A-4EA6-AE2F-85E43516CDE8

 

 

お部屋の中では、こいのぼり作りに夢中!思い思いのこいのぼりができましたよ

60C62EF9-0BA6-4237-AC4F-64016764C768

5E95B05B-FF48-497F-8E4B-826BD59E3CFD

A6DDDFBF-1246-47B8-9A96-BBF277063A83

 

49EE1119-85B5-487A-B93A-D6CED0C0F777

 

 

スコップを持ったら、掘りたくなる!これ、みつばちっこだけではないんですよね〜。

子ども共通っていうのが、すごいですよね。

いつも遊んでいる「オレたちのお山」に、いつもと違う子がいて???複雑で様子を見ながら、アプローチするどんぐり組のTくん!

AB453837-3AAE-4164-B9FB-559253DAA7D8

 

 

9A210F19-0BE7-4EE2-B00E-8D882E55206B

 

 

ワンちゃんも、ほっこりお散歩中。ゆっくりしていってね〜。

7BAA0503-B618-45E7-8BFD-F9E9EFEF9F45

 

 

CE8E9224-4530-4FC8-AF56-44EEB8B3DEA7

 

「テーブルや椅子は、全部、歴代年長さんがつくってくれたんですよ」と、お話すると、みなさんびっくりされて、製作中の写真を見入ってくださいました。

F5020190-75D7-4278-9B90-99BC7C31948C

9C1F1A06-2ADE-4D5D-BB34-8427BF372533

 

 

D5999C10-6BA6-4556-8BF0-5C833E4E0975

 

 

終日、園庭に人が途切れることなく、みなさん、それぞれゆったりほっこりと時間が流れるひととき。春の西山での心地よいひととき。

D4716F61-E4E4-4249-A79F-BCE6F4E241C2

 

 

子どもたちの作品や、記念誌・にーまるにーまるカレンダーを、本当にじっくり隅々まで見てくださっていた来場者の方。ありがとうございます。

ちょうど、20周年カレンダーのイラストや文字を手がけた、吉岡父&母と田中あ母が、遊びに来てくれていたので「この方がこの絵を描かれたんですよ〜。この絵の作家さんです!」と紹介。

吉岡父・母作家さんも、いろいろお話説明してくれました。まさに「アトリエ村展」でしたよ!

E643F904-3EAE-4B25-9DBE-DBBDCFEF4F32

AC4386E0-6A62-413D-9874-868DA042FE1B

 

 

そして、イベント会場では・・

3E8A3A23-AFA9-4CA1-9D82-DFF4CB87B61C

みつばちOB太鼓集団「蓮」の演奏とワークショップが開かれていました。

BF8F022D-FF8B-4DE4-95D8-E906CFD5C2CE

ワークショップも楽しそう!

7F93CAB1-5C23-48A9-AC8E-B4311F487BC0

2CC5E080-B862-443C-9259-A7ED3E18C989

EEB38559-6937-4DCE-89DA-A90FE5C5FB59

 

みつばち園庭にも出張演奏してくれました〜!

01993BBC-44D9-423B-A54F-97D4337E448E

 

 

アトリエ村内では、著名作家さんの作品が真近で鑑賞できます。ここは、みつばちのお隣の斉藤氏のアトリエです。

1F047262-B052-4199-87BE-4EFB9AC53FA7

 

町内でながきに渡ってみつばちっこがお世話になっている、貴志カスケ氏の作品。

2C53ECD8-AB65-4932-8E5A-FA28DAEADEFD

 

 

コロナ禍でいろんな物がストップしていた中、本当に2年ぶりで外での催しに参加したみつばち保育園でした。(アトリエ村展全体での感染対策の中)

やはり、こういう場&ひととき。いいですね。大切にしたいひととき。

1E820A4F-2336-4128-8B48-E7C264D3AD60

 

ご来場の皆様、どうもありがとうございました。また、来年も遊びに来てくださいね。

5E2F35C3-A8C2-40E9-9F0A-2B57C813244E

 

 

今日は「憲法記念日」

みつばちっこ

今日は「憲法記念日」

ゴールデンウィークの真っ只中ですが、今日の日の意味をしっかり考える時間も必要ですね。

 

今年で憲法が施行されて75年を迎えます。

ロシアによるウクライナ侵略が続く中での憲法記念日。

報道などの現状は、まさに今、起こっていること。。。

「平和」という言葉の重みと、かけがえのない「命」。。。

 

日本国憲法の三原則

◎国民主権  ◎基本的人権 ◎平和主義

 

 

今年はこの絵本を紹介します。

646402B2-93FE-40E5-B949-131650AEA41D

 

 

第2章 戦争の放棄

 

第9条

「戦争放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を定めています。=二度と戦争をしない

92FC686C-94CC-42EA-BB85-BFD1A070C005

 

 

ECFC5FD1-AC51-4E15-B71A-A903D071B877

 

 

D1D669EE-2D3C-4AE8-BC76-C12C74DAD206

 

8E53A87D-3E8B-4D7A-B46D-072C0E3FCF96

 

CAE04706-4BD1-4EE6-BB2C-B4539246511C

 

 

私たちにできることは、何でしょうか。

E3A59E00-D873-4DDB-8F7A-9C2D63117494

 

175DFC4F-E68C-4696-B8DE-36399FD65E94

 

ウクライナに対しては、ユニセフを通してなど、さまざまな支援方法があります。

自分のできることから、はじめてみませんか?

 

そして・・日本国憲法の主体は国民です。

「不断の努力」で日本国憲法を保持しなければならないのです。

 

 

国政・府政・市政の動向を正しく理解し、なんとなくでなくしっかりとした意志を持って「選挙権」を大切にしましょう。

子どもたちの今と未来が、平和で人が大切にされる社会にしていくために。

DSC_5326.JPG

 

 

 

 

追伸・・・

京都市の民間保育園は、今、大変な過渡期です。

京都市行財政改革の一環として、京都市の補助金制度が見直し、全体で13億円のカットとなりました。

それらが決定したのは3月。次年度予算もまともに組めない状況でした。

その結果、令和2年度概算では8割の保育園が削減。みつばちでは、1510万円減の試算。

さらに、この後に及んで、未だに京都市からはっきりとした数字が出されていません。

もう5月ですよ。。。異常事態です。

ここまで、不安定な運営はあり得ません。

 

年度途中で市内8割もの園が削減が決まる。京都市は「積立てを取り崩して運営できる」と。。1年しか持ちません。保育園の運営をどう考えているのでしょうか?

 

今回の京都市新補助金制度の枠組みは、国の公定価格をベースにして、市独自で各職種ごとの単価を決めそれを上乗せするもの。職員の平均経験年数は11年が上限。障害児加配は非常勤化。(みつばちが新補助になった場合)給食室は3人。そのうち1名は非常勤化。事務用務等は1名。等。。

岸田内閣府が打ち出した「保育士一人9000円UP」の臨時処遇改善事業は、この制度に丸められてしまいます。そもそもこの新制度で削減となる園は、国の上乗せどころか4月から独自で持ち出しとなってしまうのです。これ、おかしいですよね。

 

 

実際のみつばちは、職員平均経験年数16年。障がい児は、現在4名に対し全員合せて1.2名分職員加配認定されているが、実際は4名の正規職員を配置。給食室は3名の正規と1名のフルタイム非常勤を配置。事務員等(事務・用務・運転手・学生バイト消毒要員)は、常勤換算しても5.5名。

これに、京都市配置基準以上の保育士を置いて、各年齢グループごとの保育充実や発達保障のために配置。

長時間保育や土曜保育も多々。複雑なローテーションで何とか苦慮している中、本当はもっとゆっくり送迎時に保護者のかたとお話したい保育士の思いも。職員の急な休みが入ると、体制を組むのに主任は四苦八苦。

プラス、地域の子育て支援も受け入れ、その子どもや保護者の姿を皆で喜び合いながらの日々。

 

 

 

子どもたち一人ひとりの声と育ち・願いを共に保障しながらの実践は、これでもまだ足りないくらいです。職員も本当に大変な中、子どもたちへの願いと喜びを支えに皆で力を合わせてくれています。保護者の皆さんも、コロナ禍もある中本当にご理解いただき、これも本当におおきな支えになっています。

 

こどもが大切にされる社会は、全ての人の暮らしが大切にされる社会です。

「子育て環境日本一」京都市長がいつも話されている言葉です。

でも・・どう考えても、この新補助制度は京都の子どもたちが「大切にされている」とは思えない。

行財政改革で何を削減して何を大切に守るか。。。

 

F11158C0-DB2F-414C-8314-F186728D1665

 

DSC_0469

 

日本国憲法の実践を京都から!と、言いたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだまだまだ、たけのこ!

みつばちっこ 給食室

最近の毎日の給食室。見る度にこんな光景!

うれしい!うれしい&大忙し!大忙し!

68EAB5A7-F55B-463F-960A-C6C8908C0178

 

「ただいま〜!」の声と一緒に、給食室に届けられる毎日の筍!

今年は幼児クラスがみんな、次々とたけのこ掘りに行ってくれて、大豊作です。

A0D310C8-BC8F-4AFB-BF55-193460A52B92

CE043B21-ABAA-4BB1-84F7-A27AFC3768B4

CF91058B-F11A-4C13-A528-A638B328FC9C

E075FC50-4296-4F15-A9C2-933A10E87C02

E04289AF-B109-409C-866B-777EB54F93DC

23314432-0FB5-4353-9D54-39E0F1BC105A

絵本と一緒。大好きな絵本ですよ。

D63A9B70-31A1-401C-AF20-29E4A731799E

 

4B763A5D-B424-4FD5-A7FD-E41B6EE2E43E

 

たけのこ堀りにまだいけない、しいのみさん。でも、収穫してきて置いてある、おおきな筍を見つけて!

D13D1FA0-DEFE-4E0E-A4B5-566E504C1109

 

大〜きいたけのこは、乳児さんの素敵な遊び道具になりますね。

E1E9A59C-B82D-4691-BED7-FF3B8E7D991A

おいし〜いたけのこは・・・

B6A81762-033F-4BDF-9B77-4831FC7A876E

 

手間暇をかけて、美味しくしてくれる、給食室。大忙しの春。ありがとう!

DF433424-4400-4921-8165-63D635AD5A5F

 

 

 

4B456539-CD3B-45A1-B11E-5255E463B67B

4A3DA0F6-B286-42BA-B542-09B20A7E9E1A

 

追伸・・・

玄関に置いてある、にーまるにーまる(20周年)カレンダー。この日の横に!

こんなかわいいお友達が!楽しいね〜。誰先生がしてくれたのかな?

56E8DF2B-49AC-454B-84CF-7F20805B63B2

 

 

 

ワクワクこいのぼり!・・Part2 &初めての 藤の花

みつばちっこ

 

春のさわやかな青空の25日。

朝の園庭の様子。みつばちっこがみーんな園庭に出てきて見上げてるよ!

7FA1C34C-E11F-47AF-AD21-BFF328FDBE9E

 

 

もみのきさんが、こいのぼりを上げてくれていました!

57339CC7-E8D0-404B-A00C-3D55CCFECE40

 

「もみのきさ〜ん!がんばって〜!」

D73BDD4C-85A2-4E38-B4C1-F06989B91184

やった〜!上がったぞ〜!もみのきさん、ありがとう〜!

BD697CF3-4D52-4AF8-B6B1-BF7DCBA79FEF

もみの木さんも降りてきて、自分たちが一緒にお昼寝して、空に上げたこいのぼりを見つめる。「風吹いて〜!泳いで〜!」思わず、フーッ!

0DDAA28F-4467-4C28-AB3C-7FE848841923

 

 

そして・・藤棚の下には・・

492073CC-7CF9-422B-9834-9B20E96B3444

 

もうひとつのこいのぼり。

こいのぼりが、すっご〜く大好きなSくんが、おばあちゃんと一緒に作ったこいのぼり。

特に乳児さんのお友達に大人気ですよ。思わず手を伸ばして、うれしいね〜。

B67F00A9-A93E-400D-B142-2AB2C8578981

 

赤ちゃん部屋からは、こんな景色FBCFE7EF-D1EF-45DA-92F0-49D0C365E269

 

 

 

1A4FD6D8-C77A-4AED-B8E7-8AFC1A4FC21E

 

 

E119D5C7-386A-4990-849F-49D65E77EDD7

 

別の日も!まだまだこいのぼりいっぱいのみつばちっこですよ。

7A09FA3D-66AC-41A2-9900-28CCECB7CD2C

A1629498-DBF4-442F-BC52-EFAD3C15E721

 

 

 

追伸・・

2020年の春、2年前にみつばちっこの仲間入りをしてくれた時の藤の姿です。

まさに、コロナ禍で生活が一変した頃でした。

3876F3CF-3F8A-4E83-AC09-9B830BC53DE4

 

この2年間。。。

子どもたちの育みと同じように、お日さまをあび、水を吸い上げて根ざし、昨年の夏は蔓をぐんぐん伸ばし、緑の葉いっぱい広げて、やさしい木陰をつくってくれました。

そして、今年。こんなにやさしい花の房を膨らませて、本園に新しい景色と香りを生み出してくれました。

 

A48974E4-42C5-483B-86C3-2F896924163C

 

 

 

地域の皆さんも眺めてくださっていますよ。

 

いちょうの木や、蝋梅、枝垂れ紅梅、金柑などなどと同じように、みつばちっこと一緒に歩んでくれています。

特に・・コロナ禍の真っ只中からの共の歩み・・・。本園で初めての藤棚の花と透き通る青葉の光景は、子どもだけでなく、大人にとってもコロナ禍の不安と疲弊から、私たちに希望とやさしさを見い出してくれています。

4E6C2F65-D2E8-461A-8790-74B105E05FE2

 

F46C77B5-660A-412A-B201-0976425EB7D5

 

3 / 28512345...102030...最後 »

古い記事 » « 新しい記事