みどりの海・みどりの島・菅島へ!・・・パートⅡ

みつばちっこ

眼の前にはてしなく広がる水平線とみどりの海。みどりの島。波の音と身体中に染み入る海風をあびて、遊ぶ!遊ぶ!

20181129_134047872[1]

 

「大波くるで~!」おおはしゃぎで波とたわむれるもみのきさん!

DSC_0578[1]

なめてみたら「しょっぱ~い!」

DSC_0581[4]

ザブ~ン!!「きた~っ!」

DSC_0595[1]

 

DSC_0597[1]

 

水平線のむこうからやってくる波とおしゃべり!「ここまでおいで~っ!!」

DSC_0599[3]

 

DSC_0601[2]

 

DSC_0604[3]

 

DSC_0607[1]

 

DSC_0606[2]

 

DSC_0612[2]

 

DSC_0617[2]

 

DSC_0618[2]

 

DSC_0622[3]

 

 

 

こんどは、砂浜で砂山をつくって・・・

20181129_134003395[1]

 

どこまで波がくるかな~!!

20181129_133546900[1]20181129_133409580[2]

 

20181129_133800724[1]

 

「さあ~っ!どうだ!?」波とおしゃべり&にらめっこかけひきしながらの砂山づくりに夢中!

20181129_133143706[1]

 

DSC_0642[2]

 

DSC_0651[2]

 

DSC_0652[1]

 

DSC_0687[3]

 

 

ひと遊びしたあと・・向こう岸の海辺にもいってみたよ。

20181129_141057_693[1]

 

20181129_140725_239[1]

 

波とたわむれ、い~っぱい遊んであそんで・・お日様もだんだんむこうへ!

そろそろ「しろんご浜」ともさようならやな~。帰ろうか~?

DSC_0697[1]DSC_0708[2]

 

 

20181129_141341[1]

最後まで海をみつめていた2人。しばらくだま~って、並んで・・海風に身をおきながら・・・の姿に、おもわず、こちらも見入ってしまいました。

この広大な自然の中に身をおいてすごしたひととき。彼達の心に染み入る何かが確かに・・・。

 

 

 

 

 

さあ!港まで山道おりるよ~!

20181129_145434350[1]

 

途中、島のおじさんに出会いました。みつばちっこが手にしている貝殻を見せると・・「これは大きな黒あわびだわー」「こっちは、まだこどものあわび」と、いろーんな貝の名前を教えてもらいましたよ。

20181129_145823547[2]

 

港近くの最後の小さな砂浜で、おじさんがついてきてくださり、一緒に貝殻拾い。

20181129_150840260[1]

 

20181129_151208_419[1]

 

20181129_150624418[2]

 

 

「どこから来たんね?」『みつばち保育園!』『京都~!』道々出会う島のみなさんが、暖かく声をかけてくださる。

帰りの船の中では席がばらついたのですが、それぞれ、気がつくと近くの大人の方々とすっかり仲良くなって・・降りるときには「バイバ~イ!またね!」と!

DSC_0718[2]

 

 

DSC_0710[1]

 

 

夕日が沈んできたよ。そして・・「もみのきさんが乗る船がむこうからきたよ~。菅島たのしかったね~!」

20181129_161007339[1]

 

帰りの電車では、去年お世話になった菅島の民宿なこらさんが作ってくださったおいしいお結び弁当をほうばる。

「め~っちゃおいし~い!こんなおいしいおにぎりはじめて~!」と、Sくんでしたよ。

DSC_0733[2]

帰りもあやとり!電車の往復で、ずいぶん上手になったよ~!すごいな~!

20181129_174607383[1]

 

 

DSC_0724[2]

 

 

 

 

 

 

 

 

みどりの海・みどりの島・・菅島へ!パートⅠ

みつばちっこ

みどりの海・みどりの島を求めて、三重県菅島へ行きました!

20181129_075936511[1]

 

「わ~っ!2階建て電車や~!」もみのきさん、2階に乗って大喜びでしたよ。

DSC_0727[1]

長い旅路の途中では・・あやとりづくりやあやとりに夢中!

20181129_090543292[1]

 

DSC_0505[3]

「あっ!海が見えた~!」「もうちょっとやで~!」

20181129_102910[1]

DSC_0511[2]

鳥羽に到着!ここで海と島を眺めながらお弁当。カモメがいっぱい舞う!いよいよ船に乗って菅島へ!

DSC_0522[3]

 

「向こうに島が見えるで~!」

DSC_0540[1]

 

 

20181129_114845955[2]

菅島に到着!!港を歩いていると・・・

20181129_122048180[2]

海の仲間が~!!!「こんなんいたで~!」みんな夢中!

20181129_120130765[1]20181129_120057028[1]

 

DSC_0545[2]DSC_0547[2]

 

 

DSC_0553[1]

さあ!ここから山道を登って「しろんご浜」までいくよ。道々の景色や移り変わる光景、海風や波の音をききながら・・自然の息吹をいっぱいあびてのお散歩。

DSC_0559[3]DSC_0569[2]

 

「あ~っ!向こうに海みえた~!!」

DSC_0573[1]

 

ーパート2に続くー

20181129_131916851[4]

 

 

 

 

 

 

 

 

読み聞かせ「わらしべ王子」

みつばちっこ

今、この時に手渡したいと・・・。もみのき組年長児に「沖縄民話、わらしべ王子」の読み聞かせ。

DSC_0457[5]

♪・・うつくしい おはなし なつかしい いいつたえ

わが ふるさとに ひめられて

ひとびとに のぞみとひかりを あたえてきた

わらしべ王子の ものがたり・・・♪

DSC_0465[2]

 

DSC_0468[1]

 

 

DSC_0475[3]

10歳のたろうとこみこの真なる勇気と強さ、やさしさ、賢さ。村人たちの想い・・ひとりひとりのこどもたちの心根に、それぞれの思いと重ね合わせながら聴き入る・・。

DSC_0464[2]

 

DSC_0481[2]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南丹・胡麻へ!年長さんの営み・・パートⅠ

みつばちっこ

先日から、胡麻へ遊びにいってる年長さん。OB保護者の谷尾さんが営んでおられる胡麻での自然にかこまれた生活にあれこれ触れさせていただきながらのひとときです。

 

1542203986240[1]

 

谷尾のおとうちゃん、ありがとう。みつばちっこのことや保育の営みに、知恵と力をいつもかしてくださいます。

 

1542204043814[1]

 

 

そして・・・お世話になったお母ちゃんに、写真をお借りしたので、その様子をアップしますね。

とっても素敵な光景を切り取ってくださいましたよ。

1542203887405[1]

 

1542203995499[1]

 

1542204061438[1]1542203954437[1]

 

 

1542203962363[1]1542204052722[1]

 

 

1542203921247[1]

 

1542203951689[1]1542203969481[1]

 

 

1542203930183[1]1542204045615[1]

 

1542203907471[1]

 

1542203983990[1]1542204001384[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”どの子もわが子。社会の輪の中で・・自然の営みの中で・・すべてのこどもは育つ”

みつばちで暮らしかかわった沢山の保護者や職員や関係者の思いのひとつひとつが、たくさんのこどもたちに紡がれ、手渡されていく営み。本当に感謝です。

そして、みつばちの保育の根底だな・・とおもうのです。

保育園なので「保育」という名になってしまいますが・・・保育をこえる「あたりまえの暮らし・経験・営み・社会」として大切に重ねていきたいと思います。

南丹・胡麻へ!年長さんの営み・・パートⅡ・染物に挑戦

みつばちっこ

この日は、自分たちの手ぬぐいを染めるのを谷尾父ちゃんに教えてもらいにいきましたよ。

これも、谷尾母さんから素敵な写真をお借りしました。

コメントは後日で・・まずは写真のみ速報アップしますね。

1542204073118[1]

1542204069358[1]

1542204088376[1]

1542204090873[1]1542204093205[1]

1542204095265[2]

1542204106561[1]

1542204108690[1]

1542204104367[1]1542204099423[1]

1542204110465[1]

1542204097263[1]

ああ

1542204112212[1]

1542204121514[1]

1542204123455[1]

1542204125969[1]

1542204101569[1]1542204128014[1]

1542204115817[1]

ああ

1542204129891[1]

1542204114021[1]

1542204047437[1]1542204057076[1]

 

3 / 20712345...102030...最後 »

古い記事 » « 新しい記事