みつばち畑で夏野菜楽しみ!

みつばちっこ

何日もかけて、スコップや鍬で耕して、まっくろのいい土の畝ができました!

いよいよ、夏野菜の苗を植えるよ!

 

その前に、最後の仕上げ。

DSC_0314

みんなで、力を合わせてマルチを張るよ。

593E26A9-586F-432E-A5C7-CB622065A63E

DSC_0275

マルチを固定する留め具を。打ちつける。石で打ったり、初めて金槌を使っても打ってみましたよ。

DSC_0258

DSC_0257

DSC_0266

「年長さんに、してもらおう!」「年長さん、すごいな〜」見入る、ポプラさん!

2BF980C5-C9B0-4E53-B845-118752C060C2

いよいよ、みんなで夏野菜の苗を植えよう!

もみのき、ポプラさんで、いろいろ、植えたいお野菜を相談してくれたので、その種類をずらりと、お店やさんのように並べました。(このご時世でお店に買い物に行けないのでね)

 

 

そして、一つずつの苗のお話を聞いて、見て、触って・・・

「さあ!植えてみたいなーってのを、選んでね〜」みんな、ワクワク!

93292754-C842-4E0D-927C-FD1A54B7EF22

「なんか、匂いするかな???」いろいろ考えて選んでるな〜

DSC_0349

「これにしようっと!!」

20A1DC0B-AEC2-4A8A-9D32-D3584067B76E

 

桃太郎トマトの苗を♪も〜もたろさん、ももたろさん♪と、歌って名前当てっこしました。

その「桃太郎トマト」を選んだSyくんとSoくん・・「桃太郎みたいにめっちゃ元気なんができるんやで〜」と、嬉しそうにお話していましたよ!

D79F6FAA-ED36-48C8-8370-1FF6DDFAD85B

 

そして、もみのきさんポプラさんで一緒に、選んだ苗ごとで植えたよ。

EABF6DBB-4A31-45DD-8879-7866C003AF3A

 

ここは「トマト畑」おいしいトマト大きくな〜れ!

 

DSC_0355

 

年長さんのをみながら、ポプラさんも挑戦!

DSC_0358

DSC_0362

11147A64-16FE-4603-ADD8-FB75ACB55E1A

「ピーマン畑(パプリカもあるよ)」支柱で支えて、優しく紐でくくる。徳田さんの畑に見に行って、くくり方見てきたよ。「こんなんやったな〜」考えて、丁寧に年長さん。

DSC_0380

DSC_0383

DSC_0389

 

DSC_0381

04E283D3-EEF1-4C1B-8281-F0B575DFE376

 

「きゅうり畑」も、できてきたよ!

DSC_0400

年長さんのを見て、ポプラさんも一生懸命!真剣な眼差しで!

8F7EE5F6-6E0A-4943-8FE2-4FD93A1FDA6F

B1D23B82-22F3-485C-AAFF-9959E91D686E

8B05479B-52FF-4224-AADA-760181F6E816

 

「オクラ畑」や「なす畑」「ししとう&万願寺とうがらし畑」もいい感じ!

9DDBA6BE-C7ED-4732-98F0-E700FB72DE6A

 

植えたら、さっそくたっぷり水やり。「大きくな〜れ!」

DSC_0373

 

子どもたちが楽しみにしている畑!お猿や鹿やイノシシに、食べられないように、大人たちも総動員で頑張る!支柱をたて、網を貼り、作戦を練りながら、さあ、これでどうかな?

 

自然の生き物たちも、高速道路ができたり、気候の変化などで、どんどん暮らしにくくなった「山の暮らし」。猿はもちろんのこと、最近では真昼間に鹿にも出会うようになってきました。

お腹を空かせているよね。。。ごめんね・・・。と、思いながら・・・。みつばちっこたちとも、そんな話をしながらの作業です。

 

BA7FA4A4-1DCA-4611-91BE-72204F558722

 

運転手の仙頭さんも、いろいろな知恵を出して、道具も使って、大活躍!足りない杭を、廃材で作って作業中!みつばちっこは、そんな様子に釘付けで「何作ってんの?」真剣に、仙頭さんの手元を長いこと、食い入るように見入る!

憧れて、憧れて、「こんなん、やってみたい!」と、大きくなっていくのですね。

46E2E104-EAF6-4366-9CA7-A8FDD7CAD7AA

 

 

さて、かえでさんは、そんな年長さんやポプラさんの様子を見ながら、一足先にお弁当。

「食べたら、かえでさんもする〜!!」

89B90E5E-3FA8-4DA3-960F-374EA94A1B75

「かえでさんの、持ってきたで〜!!」おおはりきりで、みんなでプチトマトの苗を持ってきましたよ。

F4AE9094-79E7-4B15-B46E-E134BAA0E54E

 

FBA03504-FB06-4AC1-B8C7-DF487D40E587

かえでさんは「プチトマト畑」い〜っぱい食べられるよ!楽しみ!

ABCB18ED-8C55-461B-8C0E-17E2A74BD4B9

05AC1A41-6E93-4F31-906C-7DC94723A07B

8272A07C-F7E3-4009-A42D-137522E83E9C

2992CA2B-C32C-47E2-A77C-9960CB65B069

BBEC98E5-3281-447E-B4B6-7A6E3BBB0AAF

A3B2C33B-E74A-43F3-AB90-249B4EEB4E01

いーっぱい畑仕事がんばったポプラさんも、ほっこり、藤棚のしたでお弁当、おいしいね。

3EF43405-1C5B-43A6-93F4-C41D7EC053FD

今年は、畑側の藤棚の白いフジが優しく満開になりました!

9D739634-01AA-47AF-8A5D-E9A0E3245376

 

追伸・・・

プチトマトの苗を植え終わった、かえでのNくん。「お昼寝してくるわ〜。起きたら、トマトおっきくなってるで〜。食べられるかな〜?」と、嬉しそうに、お話してくれましたよ!

お山での遊びも、お友達と楽しい!見立て遊びがどんどん、お友達とふくらむ3歳児、かえでさんです

5A25406B-DE34-4F26-92C1-FD27E9473C13

 

。。

962FF4D4-57DB-4D33-988F-223DFBF948AA

877828D2-F8D4-4B15-ABB7-6FC577CCD1F5

1AC4A752-069C-4F58-A626-22C5F3E91DC5

 

 

 

 

 

働くみつばちっこ!

みつばちっこ

 

小さい頃から、あさも畑で、畑や食べ物の営みにいっぱい触れて遊んで食べて、大きくなってきた今年のポプラさん。

 

3歳児のころも、あれこれ畑仕事のお手伝いをしていましたが、それは「あそび」の中でのおおはりきり!の感じ。4歳児になって、自分たちが関わってしていることが、どんな風に重なり、変化していくかの見通しや期待感、理解力が深まってきました。そして、社会や暮らしの営みの中で、自分自身の存在に「小さな誇りと自信・意味」を体感しだしています。だからこそ、仲間と一緒に「オレたち、ワタシたちが、こんなんする!!」とはっきりと意志を持ち、ちょっと大変でも、又、よーく考えて、最後までやってみたい、やってみよう!と。。。「あそび」から「ろうどう(労働)」へと、変化していってるポプラの子どもたちの姿です。

 

 

8A61348B-8359-4109-A7B1-9B49BB75802F

 

この日は、ホールに行くと、こんな様子!

C72D30CB-6E32-44BF-87EA-862E3C05A1FA

あさも畑で、ポプラさんが収穫してきた「たまねぎ」

ねっこと葉の部分を、ハサミを使って切り、紐で丸結びに縛って、軒に干す準備をしていましたよ。

 

初めて「ハサミ」も使って、挑戦!一生懸命!

ED8E580D-66B0-49BE-9189-8D6B59D4DF51

5B8EEDDD-E512-4EBF-8BE5-EBCDE67F7F3C

そして、先っちょの頭の部分を紐で縛る。なかなか、難しい作業ですが、みんな夢中!

C09095A3-9220-4D30-A041-70E905D4F496

DD47DB18-40C2-4575-9FD1-053177AA1462

1280FFE3-1414-4AD5-B4C2-18B875EE4964

01823BCA-F2A3-4EC0-8CC2-E6FD99CA2F51

・・

23C664F1-5026-4D18-B40F-F279C763E74A

50BCA4C1-C992-49BF-A5D5-74700DF90258

 

 

い〜っぱいの玉ねぎ、ポプラさんみんなで、全部仕上げてくれました!すごいな〜!

 

 

 

 

 

人は人の輪の中で育つ。出会いと経験。。パートⅡ

みつばちっこ

前回のブログでお伝えしたHくんの様子の続きです。

 

裏口はすっかり、へっちゃら。自分でどんどん出るようになりましたよ

5CF5FBDF-713A-4E35-B541-0D86F86FCD29

自分で行ってみたい場所も広がってきて・・

B05CDD1F-D462-4364-BD80-03FD1605EBCC

 

こんなザラザラ砂の上も、その違いをしっかり感じながら素足で歩けるようになりました。

ちなみに、今年度からみつばち保育園の看護師として仲間になった、戸叶看護師(とかちゃん)。私たちも保育の中に「看護師」が毎日入っての暮らしは初めてです。一緒に創る毎日。

 

とかちゃんも、保育園でのお仕事は初めて。初めての「保育園での暮らしの中で子どもが育つ」という毎日を、Hちゃんだけでなく、他のみつばちっこともいっぱい関わりながらの過ごし。

衛生面、健康管理、医療的ケア、さまざまなことを含みながら、一緒に保育園での過ごしを大切にひとつひとつ重ねてくれています。

私がHちゃんと、初めて一緒に素足で外に出たとき、なんの躊躇いもなく、ごく自然に素足で一緒に地面に出たとかちゃん。この前、朝から事務作業の日に「なんか、保育園来たら普通に今日も靴下脱いでしまいました〜。気持ちいいですしね」と。一緒にいた、岡ちゃんも「さすがや!」と嬉しそう。

こうして、子どもを囲む大人集団が、子どもを真ん中に共有実感しながら、子どもと共に歩んで行くのですね。

6CC38CC4-FDB7-4D2F-835D-317FE27F838D

 

すっかり、みつばちっこのHくん。お友達の中にしっかりHくんの存在がありますよ!裏を散歩していると「お〜い!Hちゃ〜ん〜!!」どんぐりさんの元気な声!!嬉しいね!

9014DFAB-0545-41D7-B2B9-B6CBEA885C4C

何でも遊びが育ちに、発見!

0895828A-E163-4432-B728-BC80126D4E0F

クルクルクルクル 上手に手首や手のひら・指を使ってできるよ〜!

7DD3BB88-CCB3-4C68-B2A0-BC6A8D6CBE73

 

いろんなお友達との関わりも、増えてきましたよ

7981C411-C875-46A8-AF9B-DC36801B9D29

 

ただいま〜!と、Sちゃんに、お散歩先から、おみやげの野の花もらったよ。

15A30274-BD76-4B7E-9514-17751AF6762F

どんぐりさんが、こいのぼりのシールはってあそび中。一緒に。

E951E250-3EFC-49FE-821E-18135DD81C9D

嬉しそうに、見せに来てくれましたよ!一緒に飾ろう〜!

毎日、保育園全体でいろんなクラスと関わりながら「いいとこどり」の保育。Hくんの行ってみたい・やってみたい意思と、重ねていきたい発達・豊かな経験を、その都度考えながらの過ごしですよ。

7B3A8C7B-9ACC-4A46-B8E9-FB336B9B293D

乳児室で、じっくりほっこり遊び!

716A5EF2-106F-426B-A94E-B3BBCA47077A

FA5F8BBC-6FC9-4467-8F0C-0299505784D4

 

F4BF7329-C45E-4A8C-B895-CB683CE7B235

なだらかな戸板登りも一緒に!

679365E8-4217-42B8-AC1E-D0F86756BC60

2E5AA653-B9D4-4EBC-99F3-D761214A58D5

3881254C-386D-4CFE-BEDC-06F12F69A749

 

そしてこの日は・・こんなんと、初めて出会ったよ!ポプラのSくんが捕まえてきた「カエル!」最初は私たちがさわっているのをじーっと見て・・・・

93090A23-3273-431C-97D1-897C840673E5

 

ぴょんぴょん、動くカエルさんを・・・!思わず手が伸びる!

42DC787C-26B0-492F-B385-F77A8AFAF3F8

どんぐりさんもやってきて、一緒に見入る!そしてHくん、どうやったらカエルが跳ねるか、わかったよ!ヘリに止まるカエルを、しっかり見つけて〜!チョン!

ホールに跳ねるカエルに、みんなで大賑やか!

09C402A4-D248-4044-A40F-4E76FCCD1503

 

 

ポプラさんが、おやつのエンドウマメをお鍋で湯掻いているよ。Hくんも3時のおやつ経管栄養中。見えやすーい正面で一緒に!5D6F2A8D-540D-4390-8EBE-66052AEE9B86

そして、同じように・ボールを前にして・・・。47B7BD79-0B74-4D40-971D-32CF805EDA1F

590DE589-6E57-4C6C-8B9A-50E6C38F840A

 

868BC884-DBF7-409D-A9D7-6CDBFA7F451D

 

すべての子どもたちが、たくさんの出会いと経験の中で、育ちあう毎日です。

人は人の輪の中で育つ。出会いと経験 ・・・パート1

みつばちっこ

みつばちでは、開園時から「どの子も育つ」と、全ての子どもの育つ権利・子ども自身の願いを大切に、と、あたりまえの暮らしの中に、ケアの必要な子どもたち(障がい児保育、と言われる)が、いつも仲間にいます。 社会の中で、ひとりひとりの個性が重なり合いながらみんなの暮らしが営まれているのと、おなじ。

そんな中で、保育として専門性を皆で学び合い、その子どもたちを囲む各機関とも連携しながら、私たちも子どもと一緒に学び合い育ちあいながらの障がい児保育です。

 

 

 

そんな中、今年度「医療的ケア」の必要なHくんが入園。お父さんとお母さん、Hくんに関わる家族皆さんや、他にも今まで関わってこられたたくさんの皆さんの、Hくんへの思いや意志を繋いで・・・何よりも、Hくん自身が生き生きと豊かに暮らしていけることを願って&実現していこう!と、保育が始まっています。

C8159B2A-5F47-4AD7-A0E9-75C0A12611CA

 

受け入れにあたっては、行政とのやりとり・書類、連携機関とのカンファレンス、看護師の配置や、保育園で医療的ケア児の受け入れをする意味、その保育の実現の準備、方法の具体化、など、さまざまな準備検討を行いました。

たくさんの皆さんのご協力や学びを得ながら、まずは、母子通園保育がスタート。

 

初日の2時間の過ごし。保育園のホールの中を行きたいままに、四つ這い、伝い歩き、トコトコ歩きで散策のHくん。

 

 

 

経管栄養中は、みつばちっこが次々とやってきました。初めて出会う姿に「何してんの?」「なんでお顔にそんなんついてんの?」「これ、何?」などなど、次々質問いっぱい。

“Hくんな、だんだんご飯お口から食べる練習中やねん。今は、こんなしてお鼻からミルクが、みんなのご飯の代わりやねんで。ずーっと、ここ通ってお腹の中に入って、お腹いっぱいにならはんねん““いただきま〜す“などなど、そのままを、くる子、くる子に説明お話し。

 

じーっと見ながら「これはあったかいの?」しばらくすると、イルリガートルボトルの中のミルクが減ってきているのに気づき「ゴハンいっぱい食べはったな〜」「おなかいっぱいならはった?」と。
FFDC6263-A5D0-42D9-860A-A5358C7B72D2

ありのままを、全く違和感なく、素直に真っ直ぐの「みつばちっこ」

その子の姿を、ストレートにそのまま捉え、そこから、それも丸ごとHくんなんだ、と分かると、ごくごく普通。

最初「チューブに触ったり引っ張ったり大丈夫かな?興味出るもんねー」と、思っていましたが、それも、どの子もひととおり、質問しながら(すっごくイッパイですが!)じっくり見て眺めて(これもながーいこと!)、「そうなんやー」と理解すると、もう、さらっと大丈夫!やっぱり、丸ごとを受け止めている。

 

どの子も、どの子も、のそんな様子に、今までもたくさんの人と出会い、どの人もどんな人との出会いや経験も大切にしながら、の営みが確かに重なっているんだな。と。

 

 

 

 

 

1時間の長い食事中。自宅では、部屋で自由に動きながらだったので、初日は、そんなしながら様子を見て。あちこち動きながらのHくん。

次の日は、ホールに子どもたちが大勢だったこともあり、安全環境設定を考えて乳児個室で、してみたのですが、本人は、部屋を出たくって「アケテ〜!」と、戸を叩きます。

 

やっぱり、みんなの中で!その中での安全確保を。そして、Hくん自身もお友達の食べる姿を感じながらが一番必要。その中で、食事(注入中)のときは、こんなしていすに座ることも初めて。じわじわと少しの時間から、彼がみんなのところに興味が入った時に、なんとな〜く椅子を差し出して、を繰り返しながらしてみましたよ。

 

ED28D656-33F0-465D-8410-12F775AD78A8

 

そして、食べ物に手が自ら伸びた!!触ってみた!

 

 

そんなこんなで、毎日、だんだん、お母さんとも離れてみたり、保育時間も体調を見ながら少しづつ伸ばしてきました。

 

Hくんが行きたいまま+より発達を促す経験を、と。ちょうど、裏窓のところで遊んでいたので、私たちが裸足で先に出て、遊んでみました。そんな様子に、かえでのSくんがずーっと一緒にいてくれ・・初めて、素足で地面を降りたよ!最初は足裏を探りながら・・・だんだん、確かめ確かめ・・進んで。この戸を開けたり閉じたりがお気に入り!ながーいこと繰り返し遊ぶ!

471D1B5B-E91C-444B-915D-D9EAF9090417

 

もう、今は、全く躊躇することなく、むしろ、ジブンで出ていく!

DC0AEEE8-B820-4E8D-8C8C-C950437FAE58

 

思いのままなので、出たり入ったり。ほっこり、ホールで積み木遊び。オープンホールで過ごす中、わらわらと、お友達がごく自然にやってきては遊び出します。

こうして、Hくんの存在をみんなが一人、一人、と感じる。

97D07609-4A93-415F-BC21-BFA1DB69D6B6

 

裏口で遊びながら、だんだん外へ出て、てくてく散歩。正門までの一周をたっぷりゆーっくりと。地面の影・おひさまで暖かいところ。時にある側溝の穴。そんな、ひとつひとつの感覚全てを、足裏から脳へと、確かに感じながら、変化のあるところで、立ち止まり、確かめるHくんの姿。(砂っぽいところになると、足を上げて&座って「イヤ〜」と、しっかりアピールも!)

083EBF8B-93DB-4BB1-BD84-CE6C6AAE5128

 

この日、初めてお昼寝ができましたよ。たっぷり遊んで、食事を終え、身体をマッサージ、金魚体操や股関節をほぐしながら、だんだん、身体の脱力へ。

生活リズムの安定や、毎日の金魚体操などを大切にしながら、心地よい脳へと育んで・・。

 

 

 

初めてのお昼寝で、酸素吸入器をこの日初めて使いました。またまた、みつばちっこ、質問いっぱい。「寝てはるときに、息がスースーってしやすいように、ここから、スーって入ってくんねん」この説明をしているとき、聞きながら、自分で確かめるように自分で息を大きく吸って吐いて・・「こんなして??」と、Eくんでしたよ。

そして、Hくんの隣には・・この日一緒にお外までずーっと一緒にいてくれたSくんが。自分のお布団をHくんの横に並べて「ここでねるわー」と。

48557458-AC7A-43EB-BE84-9EB6874479D2

 

何日か重ねる中で、母子通園もだんだん終え、段階を経て、今はお母さんとバイバイして、夕方までの過ごし。

だんだん、みんながいるテラス側にも自分で遊びに出るようになりました。そして、テラスから砂ざらざらが少しある外へ、自分から、一歩足がでた!!すごいな!

AFC3CFD3-99C5-40DC-99B6-EE604EF8F589

散歩から帰ってきた、お友達も次々、いつも声をかけてくるよ!

E20F004B-06B4-4ABA-85DE-DDE4D9F5EFEF

 

そして、この日は、裏口から一周回って、この一番ザラザラ砂の足元へ!

0D14F931-DC24-4687-93E4-CBA576B3020F

 

 

保育園の中では、看護師のとかちゃん、私(園長)、主任の梅ちゃんから出会い、一緒の過ごしをスタートしましたが、子どもと同様、みつばちの大人たちは、みんなが次々にHちゃんに関りにやってきます!5月から継続して一緒に過ごしている岡ちゃんや、給食室の西山くん、どんぐりさんで一緒にご飯を食べるかよちゃん。そして、ここからも、どんどん、保育園中の先生たちと関わり出会い、の毎日。

 

 

 

 

「長いな〜。ごぼう」触ってみたよ!

157AC156-B6D9-48B8-BA9A-485882CCC418

 

大根も!あっ、たかなわちゃんに、声かけてもらってタッチ!

A0DC7EB6-FC8B-4E83-87BA-282C74079DF4

 

 

園全体の中で、皆と関わりながら育っていく。職員みなもHくんの経過や今の姿、毎日、毎日の嬉しい変化や、こんな経験を重ねていきたい。と、発達とケアの保障のために、こんなことあんなこと、と、その日のHくんの姿から、一緒に考えては話し、の毎日ですよ。

 

「食べる」ことへの興味、経験の前段をたっぷり踏んでいきたいと、Hくんがカウンターへやってくると、逃さず、あれこれと。

B3D8935B-A0A8-4C1D-B9EC-37AAA3A8BC25

 

BD0B6440-CB63-4180-96F3-7B04DBA504D0

 

 

今までは、ただ飲ませてもらっていたお茶も、だんだん、ジブンの手が同時に出て、コップに手を添えるようになってきました!

0914C35C-648E-4A79-89B7-3817D991561A

 

 

 

 

そして、この日は、お茶を混ぜ混ぜしながら、初めてスプーンで遊ぶ。スプーンでお茶をすくい、口に近づけるとまだ「イヤ」と払いのけますが、持って遊ぶのは大丈夫!!

 

ちなみに、Hくんは水分を一定量しか摂取できません。

「ノム(飲む)!ノム〜!」と、もっとお茶が欲しくて泣くHくんをみて、私たちが「そうやな〜。欲しいな〜」と言いながらも、おしまいやねん・・と、しているとき、かえでのAくんが、急いで入れてきたかのコップに入ったお茶をそっと、渡しにきてくれたのです。

その、思い・・・。3歳の子どもが、「お茶欲しいっ」と訴えるお友達の姿にすぐさま応えようと、動いてくれた一杯のお茶。

彼の思いを受けながら、少しだけ測って、そのお茶を入れ「いっぱいは、Hちゃん飲んだらしんどくなるし、少し減らしていい?」と、いただきました。しっかり見届けて「もう大丈夫」といったふうにまた遊びにいったAくんでした。

こんなやりとりから、関わるお友達がだんだん、またHくんの姿をひとつ知っていってくれています。

47104EDB-061C-4176-B32F-FE86ED6D4585

 

 

この日は、みーちゃんが給食のおひつを運んでいる最中に、岡ちゃん「あっ!いいもん持ったはるで〜!」と。

おひつの蓋を開けると・・ホカホカ炊き立ての、おいし〜いゆげが立ち上り!においやあったかさ、白いごはんに、Hくんの瞳!!五感に響く瞬間!

5518F12B-903A-4C4A-9746-1C8ABCF2DFEC

 

大きいおひつを前に、スプーンでご飯をすくって私が食べてみたよ。そして、Hちゃん、スプーンを自ら持って・・ご飯をツンツンしながら・・・(ご飯は入ってませんが)スプーンを初めて、自ら口に持っていった!

836527A8-1122-4E2F-AF71-1368B83886BF

 

そして、次の日!どんぐりさんと一緒に、鯉のぼりの寿司桶でのご馳走を、Hちゃん用に前にして。Hくん自身がしっかり明確に捉えやすい、環境も考えながらも合わせてです。

そんな中、経管栄養中に、みんなと一緒にゆったり座っての食事時間もずいぶん安定してきましたよ。

4BB00C51-5745-4B2D-BA3B-A6C07FE3A5C2

自分の意志がしっかりしているHくん。だからこそ、そこを大切に、まずは、たべることへの興味、そして、離乳食への移行への経過を考え中です。

0F56ED99-1233-465C-A334-F248A7D5B187

 

この日は、野いちご取りから帰ってきたみつばちっこが、「みてみて〜」と、帰ってきました。もちろん、Hくんのところにも次々と!

5697B34D-E78A-4529-BBD7-CD33410FD3AB

大きなプリプリいちごを、ジブンでスプーンを持って、ツンツン。

そして、スプーンに乗せた、いちごを大人たちがパクッとたべる。それを見る。の繰り返しの中で、そのタイミングに合わせて、Hちゃんの口が空いて閉じた!

213A60AC-FE98-4911-A0E1-B6CDA83DEAA7

 

毎日、毎日が、人の輪の中で、出会い・経験・いっぱい!そんな中で育つ、みつばちっこです!

 

 

 

「水(みず)」と戯れる・・その心

みつばちっこ

ー水と戯れる、子どもたちー

 

見つめる瞳・思わず動く心と身体・感触・流れ・動き・変化・発見・工夫・・・・・

 

この、居心地のいい場所で、ただただ、子ども自身が生み出す瞬間。

 

 

C11F3F46-459A-4F29-8F4D-BAF3D26A6DB3

82F82A5A-B44C-4325-8DEB-D58619466E12

8F454F03-BF8A-4762-8991-ED764C7ED808

F22CBCAF-0DFF-47EE-A9EF-B9A570A599D8

 

 

3BEA3A5B-EF30-4A0F-A6C5-B58A645BBBE7

785F8931-61F7-4D6E-B311-B43EA36C02F8

E77F7F52-DCDE-4015-8798-0BBBCA073CDF

 

062DAC16-3013-4FDD-BFD2-9EC4152D2944

4C4AFAD9-F47D-42CC-9401-6B80A2591A04

 

 

90BD92B9-9B9C-40F2-BA55-EFAC446565C9

BEEB15B6-69A2-4DA2-8327-8002F7867540

EF1CDF25-2083-487A-9A0B-857D58BCBC0E

 

A1B0F2F3-51E0-4FA5-BC1B-6B7E2E207C6F

 

282328AE-E732-4433-B869-61CD54AF9A6F

 

18A2127D-8F95-4366-8B2C-92FFAD9C9451

09C77CE1-4F67-4C54-A4FF-145C722310BE

 

 

3EE90581-B621-40EF-8E0F-ED9BE2CDEFF5

C8B9A183-77E5-4F91-8267-52567FA40CFA

678BC179-7F87-428A-9F47-73162FC4E2EE

子どもの「こころ」と「そだち」に、とことん寄り添い、生み出された、この遊び場。

日日庵の白石さんに、あれこれ相談&子どもの姿をワクワクいっぱい一緒にお話ししながら・・・そして、その思いをこんな形に創り実現してくださいました。

 

 

 

 

一枚一枚の写真にコメントを入れようと思ったのですが・・・・

 

私が、このひとつひとつの子どもの姿と発見に思わず見入り、惚れ惚れしたのと同じように、皆さんにもそんな子どもの瞳や視線、発見をゆーっくり感じ取っていただければいいなー、と。

 

一旦、このままアップしますね。(また後日、コメント追加アップします)

 

 

1 / 25712345...102030...最後 »

古い記事 »