ぽぷらさんもやりた~い!

みつばちっこ

年長さんが鉄棒や跳び箱をしているのを眼に触れているポプラさん!

「ぽぷらさんも鉄棒した~い!」っと!さっそく鉄棒を出してみましたよ。

ギュっと鉄棒をにぎりしめて・・・少し介助をいれながらの前まわりです!

DSC_2371[1]

なかなかいいぞ~!!ちょっとドキドキと、ワクワクうれしさが一緒にやってくるね!慎重派のぽぷらさんたちですが、やってみたい気持ちはいっぱいですよ!

20190807_105925[4]

 

 

「あっ!セミのぬけがらや!」ほっこり木登りもたのしいね~!

20190807_105409[2]

 

夏の川遊びやプールでダイナミックにいっぱい遊んだぽぷらさん!幼さのなかにも子どもらしい素敵さがいっぱいのこどもたちです!幼児の4歳児中盤にはいり、いよいよ、ひとまわり心太くなっていく時期にさしかかってきました。

その気持ちを支える土台は何より「身体」「それを支える生活リズム・睡眠」です。

20190818_183638[1]

週明けは朝から眠くてグッタリ~・・なんてことがないように、こどもたちが、存分に日中楽しんで満足してすごしていけるよう、今一度生活を見直してみましょう。

 

 

先日の全体懇談会での「成田奈緒子」さんの講演を聞いて、さっそく「うちも!」と、できることからエイッと実践されて子どもの姿が変わってきた~!とお話のおうちがいろいろありますよ~!

20190818_183938_556[1]

 

いろ~んな事いっぱいしようと思わなくってもOK!まずはとにかく「早くお布団に入ろう~!」からスタート!

20190818_184016_307[1]

成田奈緒子氏の本は、園(事務所)でも販売しています。ぜひ、一度読んでみてはいかが?

 

 

 

 

もみのきの暮らし・営み・・・パートⅢ

みつばちっこ

もみのきさん8月5日の様子です。

跳び箱にむかうお友達も日に日に増えてきて「もっと高いのとびた~い!なあなあ!4段にして~っ!」という、次に向かう姿と、挑戦したり、さらに「こんな風にしてみたい!」という思いも、生まれてきた様子!

 

何度も「はよ、4段とか5段とかやってみたいっ!なあ!出して!出してっ!」と来るSくん・Kくんに、よし!いよいよだっ!と・・・

DSC_2335[3]

 

「足の、ひざと先っちょがな、こ~んなふうにピーン!とのびてな、パ~ッ!と足が開いたら、ど~んな高い跳び箱もきれ~いに跳べるようになるんやで~!」と「伸びろ伸びろおまじない~!」・・としながら、身体の使い方を考えて集中し手直ししながらの挑戦が少しづつはじまりだしました。

DSC_2330[1]

 

 

Aちゃんは・・足をのばしながら・・右側のひとまわり大きい跳び箱がどうしても跳びたい!「こっちが跳びたいねん」と、つぶやきながら・・・何度も足おまじないをしては挑戦!

DSC_2339[1]

よーく考えてるな~!この日、何度も挑戦して・・この大きい跳び「あっ!今とべた~っ!」と、Aちゃんでしたよ。

DSC_2340[2]

そんな様子に、次々やってきた、もみのきさん!まだ入園1年目ちょっとドキドキで様子みながら周りをうかがってのSoくんも、うれしそうに「オレも~!足して~!」と、自らやってきましたよ!

DSC_2329[1]

そして・・さっきまで、鉄棒さわったり、ほっこり遊んでいたTちゃんがやってきた!・・Tちゃんは、ならんでるみんなの前にやってきて、私のひざに「ドン!」と足を乗せて「やって!!」と、いわんばかり!!

並んでいるまわりのお友達はみんな・・・このTちゃんが来たタイミングを(すぐしたいんよね!と)分かって、ちゃ~んと見守ってくれて、先に行かせてくれるのですよ。

DSC_2332[1]

a

a

 

もちろん!ほっこり子ども時間もたっぷり!桑の木の下は、暑い夏でもいちばん過ごしやすくて気持ちいいね!

20190805_110950_647[2]

カマキリを渡らせてみよう!と、・・・「いけるかな?」「大成功~!」

20190805_110323[2]

こちらは、本物の家庭さながらの「おうちごっこ」もう、ごっこと呼ぶのは失礼なくらい「家族文化・社会」を再現しながら創りだしている、今年のもみのきさん。

お母さんのSちゃん「ちょっと待ってってね。今、おいしくご飯つくっているからね。」と、その手つきは・・・つくりながら「あっ、今のうちにお茶碗あらってしまうわ」「お風呂に先にはいっちゃってね。」「明日は何食べたい?」などなどごっこ遊びだけでなく、つくりながらの所作や段取りが、本当に「家庭の文化!」

お父さんのKiくん「おれはサラダつくろか?」おかあさん「じゃ、これ、混ぜておいて~」

 

20190805_111411_786[1]

 

 

そして、お父さん「今日は仕事遅くなるから、ごはんはいらないしな~あ~つかれたな~。いそいでいかんと!」とか、ワンクール終わると「今日は休みやし、友達と釣りいってくるわ。釣れたら持って帰ってくるしな」(そのお父さんのお友達はKaiくん)お母さん「は~い!いってらっしゃい~。・・さっ、おいしいお魚つれるかしら?」なんてつぶやきながらせっせと家事?を進めるくSちゃん。

横にいるKatくんは「小学生のお兄ちゃん」らしい。「ただいま~。今日は宿題があるねん、音読と~すませてしまうわ」 お母さん「は~い」 おにいちゃん「あとは、リコーダーの宿題もしてくるわ」しばらくして母「ご飯できたわよ~」おにいちゃん「おなかすいたな~。いただきま~す!お父さん、魚つれたかな~?」母「まだ、帰ってこないわね~」

 

 

 

 

 

お父さんと、お友達、しばらくして、帰ってきたよ「ごめ~ん!今日は1匹しかつれへんかったわ~」

20190805_111921_241[1]

 

 

そして、おにいちゃん「今日は学童のデイキャンプいってきま~す!」と、お出かけ中。

20190805_110651[2]

a

20190805_110623[1]

 

お友達家族がだんだん増えていく様子に、Sお母さんのご飯支度のお皿が増えていく~。

DSC_2358[1]

まだまだここに紹介しきれない姿とエピソードがいっぱいですよ

こうして、ちいさな社会の中でしっかり生きている!感じている!考えている!視ている!そして、そのまるごとを感じながら、家族のありようや自分自身・仲間をとさらに深いかかわりの楽しさと経験を広げていくのですね。

 

夏のがっつり学童!パートⅡ・・・保津川下り&紙屋川で遊び!

みつばちっこ

2回目のがっつり学童!JRに乗って亀岡へ!切符も一人づつ持ってね、と出発!1年生はちょっとドキドキ!「丸ちゃん持ってて~」と。「大丈夫よ。やってみよう!」と出発しましたよ!

 

「いくつ駅通るんかな~?」と数える1年生たち!

20190809_094656_346[1]

電車はトンネルいっぱい通っては・・・「わあ~!川見えた~!」

20190809_095502_493[2]

a

20190809_095815_626[2]

 

さっそくお舟に乗って、保津川下り!水が少ないので2時間ほどのゆったり船旅です!自然に存分にふれながらのひととき。船頭さんと、いっぱいおしゃべり&質問もいっぱいのみつばちっこたち!

「あそこはなんで形が違うの?」「あの穴の跡はなんの跡?」「なんか線の跡みたいなんもあるで?」「あっこの地面とこっちの地面と色が違うやん~?何で?」「あっ!川鵜がもぐった~!何してるん?」「(艪をこぐ)音がなんか違うときがあるな~」「なんで、こっちがわを舟通るん?」「あの岩は、なんであんなとこにあるん?」「(艪に)水かけるん、何で?」などなど、止まらない!!

「君ら、なかなかいい質問するな~!眼のつけどころがいいわ~!」と、丁寧にいっぱいいっぱい教えていただきましたよ。すべてにしっかり理由があって、興味深々!さすが、小学生です!!

20190809_111023_222[2]

急流だ~!!!

20190809_111729_828[2]

 

途中「漕いでみたい人いるか~?」の声に「はいっ~!」

特に質問いっぱいだったRくん「大きくなったら、おっちゃんのかわりに舟漕いでや~!」と、スカウト?されていましたよ。

20190809_112854_327[1]

5年のTくんは「大きいし、一人で大丈夫やなっ!」と、艪をまかされました!すご~い!結構長いこと漕いでいました~!「重かった~!」と、あとでうれしそうに話していましたよ!

20190809_113038_771[1]

 

途中、お舟のお店でおいしいみたらし団子も!おいしかった~。

 

ちなみに、今回2回のがっつり学童「私も行っていいですか?行きたい~」と、夕方学生アルバイトの林さん(めいちゃん)も同行してくれました。舟に乗りながら「保津川下りは初めて?」とたずねると、「丸ちゃんとがっつり学童のときに一回来たよ」と。

みつばちっこから小学生みつばちっこ学童、そして今は、みつばち保育を支える学生アルバイトです!

またまた、ちなみに、現在職場同僚の保育士、みのりちゃんやあやのちゃんも、みつばちっこ卒園児。一緒にいっぱい歩いて登って遊んだよね~。運動会もがんばったよね~。  卒園児や卒園児兄弟がお母ちゃんになって、わが子がみつばちっこになり、その頃の母がおばあちゃんになってお迎えにこられる姿も・・。こうして繋がっていく・・・無認可時代を経て・・来年、認可開園20年を迎えるならではの時代です!うれしさと共に、時代が変化していっても、この保育と営みを紡いでいくことの重さと深さをしっかり胸に・・と想う、認可20年を迎える前の夏です!

20190809_113131_366[2]

 

 

2時間の楽しい船旅が終わり。船着場で・・やっぱりこんな風やね。

20190809_123927_630[1]

 

午後からは、園バスで嵐山~原谷近くの紙屋川へ!!保津川も涼しかったけど、ここはもっと涼しいな~。さっそく、ほっこりお弁当です。

20190809_132536_696[1]

 

お弁当を食べ終え、遊ぶ!遊ぶ!そして、川をどんどん奥へ進め!

20190809_135202_410[1]

 

「ここ、め~~っちゃおもしろ~いっ!!!」全員飛び込む!飛び込む!もう、何十回どころではありません~!終わらない!とまらないっ!楽しい~!

20190809_140026_206[1]20190809_140034_608[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが!ダイナミック!!

「おもいっきり行け~っ!それ~っ!」の声に「行くぞ~っ!「おう~っ!!」大きな声をおなかの底から思いっきり出してジャンプ~!!

 

高学年は・・・質問形式みたい!うしろにいるKちゃんが大きい声で「将来の夢はな~にっ?!!」

その声に、おもい~っきりジャンプしながら「野球選手~~!!!」と、飛び込むTくん!!

 

 

なかなか、こうしておなかの底からおもい~っきり自由に声を出す機会って、小学校でなかなかないよね~。だからこそ、心地よくって、楽しくって、ただただ繰り返し叫んで声を出して、とびこんでは大笑い!の小学生たち!こんな時間、おもいっきり大切にしたいな~。と・・。

20190809_140447_372[1]

20190809_140349_585[1]

 

20190809_140609_705[1]

a

20190809_140938[1]

20190809_142833_744[1]

a

20190809_142736_842[2]

a

20190809_140938[1]

 

a

 

a

20190809_142924_498[1]

a

20190809_143213_188[3]

a

ほっこり、空と、そびえたつ木々をあおいで見上げる瞬間・・・「なんか、木の間で空がキラキラしてるで」とMちゃん!「ほんまや!」と!

20190809_142846_296[1]

カニのおうちづくりに夢中!!

20190809_144324_797[1]

a

20190809_150203[1]

そして・・去年のがっつり学童で、ここで石をこすって色が出る実験を始めて、夏の学校由研究で仕上げたMちゃん。

今年もやってみよう~!と、はじめましたよ。その様子を「何??」と見入るJくん

20190809_145203[2]

a

20190809_145705_516[1]

そして・・・・もくもくと・・

20190809_151650[1]

こんな感じかな??どんな色ついてるかな?

20190809_151421[2]

他のお友達も磯をこすりだしました。「こっちは茶色や」「これは濃い灰色やな~」

20190809_150059[2]

a

20190809_145300[1]

a

20190809_145649_142[1]

 

この日も5時帰園まで、めいいっぱい遊んだ!楽しかったね~!

 

丸国との「がっつり学童」とあわせて、普段の保育の中に入る「ほっこり学童」参加の小学生さんたちも、保育園の先生たちとホッコリ&たーっぷりゆーったり時間をすごす、うれしいひとときです。

学校のほっこりやちょっと困ってること、あれ?っておもうこと、楽しいこと、などなど、フッとした時にポロポロとおしゃべりしてくれる小学生たち。なかなか厳しい最近の小学校時代ですが、こんな子どもらしさ・自分らしさの時間を大切に大切に持ち続けてほしいな、と願います。

 

 

 

 

 

 

 

雨上がりは!!!しいのみさん!

みつばちっこ

雨上がりの園庭は・・乳児用の砂場シートに雨水が溜まるので、それをかいで水を掃ける作業から朝が始まります。

そんな時・・・楽しそう~!と、やってくるみつばちっこたち!

1歳児しいのみさんも、去年は赤ちゃんだったのにな~。こんなこともへっちゃら大好き&おおはしゃぎ!

DSC_1726[6]

 

園バスにのって大原野の「あさも畑」にも行って楽しめるようになってきたよ!初めての出会いや経験がいっぱいだね。散歩から「タ(ダイ)マ~!」と帰ってきた時のおしゃべりも、「バス~バス~・・アッタ~!」から「ト(マ)ト、ガブ(シ)チタ~」「ムイムイ(ムシ?テントウムシらしい)イタ~」「バチャーン!(シ)チター」と、変化してきましたよ!

IMG_7796[1]

 

a

IMG_7795[2]

採ったプチトマトを大事に大事に・・落とさないように両手にしっかり抱きかかえて運ぶ~!Nくんの姿!

IMG_7792[2]

 

IMG_7779[3]

ここから、だんだんお山の保育園での過ごしもはじまっていきます!楽しみ!楽しみ!

IMG_7780[1]

a

 

a

もみのきの暮らし・営み!・・・パートⅡ

みつばちっこ

先日7/31の西山の様子。丸国があがると・・・もみのきさん、こんな様子。

 

キャンプ・祇園まつり・夏祭り当日を終え、又、川遊びやプールでもひとまわり仲間と深まりながら遊びこんでいる中で、もみのきさんの育みは、まさに今!といった感じでどんどん変化を見せています。

特に、祇園祭の日々から、自分たちで知恵と工夫を出し合っての自由な鉾づくりの毎日・そして、夏祭りでの「こんな風にしてみたかった!!」という、こどもたち仲間同士で創り出した、みつばち鉾巡行(それらの子どもの思いといろんな集団の姿に答える担任たちも!!)は、本当に大きい経験と節でした。

20190731_103738[1]

 

さて、この日も「もみのき子ども時間!」は、しっかり存在!部屋で鉄棒や跳び箱を楽しみながら挑戦している子と・・・園庭では・・・

20190731_110151[2]

 

ここは、なにやら「お団子やさん」になったり「パンや」さんになったりの、本格的ごっこ遊びが!言葉の交わし方、役割分担の仕方・作っているものも工夫が凝らされていますよ!

20190731_110026[2]

 

20190731_110215[2]

こちらは・・この日、ほっこり学童で遊びにきていた、Yくん・Aくんにあこがれて、小学生の仲間に入って、その知恵と遊びを目の当たりにしながら、あこがれてずーっと一緒に築山の修復(らしい)?作業をしているKくん!

20190731_105739[2]

 

あこがれながら、時間を共にするって、本当にたくさんのことを吸収していく瞬間ですね!

20190731_110017[1]

 

そして・・・こちらの群れは・・・何やら、役割も声をかけあいながら、群れているぞ!

20190731_111737[1]

 

分かりますね!そう!太鼓橋をつかっての「祇園まつり」ごっこ!

20190731_110455[1]

 

20190731_110828[1]

これは、鉾町の人の家らしいです。今は食事の準備&笛の練習中なんですって!

20190731_110628[2]

そして・・これは・・・わかりますよね!カマキリ!蟷螂山!

20190731_112718[1]

 

そんな様子に、鉾をひっぱる人もやってきました~!

 

20190731_112824[1]

 

 

 

そして・・・またまた、そんな様子に・・・さっきの「団子屋」さんが向こうで「鉾の人たちに売りにいこうか?」「それ、いいな~!いこ!いこ!」と、相談しながら・・・「お団子いかがですか~?」と売りにきましたよ!

20190731_112728[1]

a

 

そして・・部屋で跳び箱をしていた子ども達、休憩で畑のキュウリ塩もみをはるかちゃんに作ってもらって、おいしい!それを「鉾の人にもとどけよう!」ときてくれました。そして、とどけながら「ワタシたち、ここで鉾動くの見る人な!」「ここシートすわるとこにしよ!」「あっ!かまきり鉾きました~!」と、自分たちが巡行を見に行った時の再現!そこへ、また、団子やさんが団子を売りにきて~!鉾遊びの人たちも「キュウリおいしい~!ありがと~!」「K,逆上がりできるようになったんや~!!」と、その様子も分かりあいながら!

こんな風に、群れがしっかりかかわり繋がり、認め合い、感じあい、集団になっていく!

思わずほれぼれと、この光景を見入りながら「もみのきのこどもたち、素敵よね~!」と・・私たち大人はその仲間たちの、楽しくも年長らしくどんどん変化しながら生み出し創造し、群れて人と人として繋がっていく様子をただただ見入るのでした。

 

この日、本当はそろそろ、みーんなで「運動会」のように一度集まって、はじめだそうかな~?と思っていたのですが・・・この姿を見れば、もう充分!!だよね!これ以上の育みはないよね!と、担任と話しながらでしたよ!

この姿をたっぷり経験しきって、きっと、運動会への挑戦と向き合いに繋がっていくのでしょうね!!

20190731_112540[2]

さあ!鉾の巡行遊びがおわって、またもどってきた仲間たちです~!

20190731_104117[2]

 

西山のすももも、こどもたちと同じように、少しづつ赤く熟してきつつですよ!おいしくな~れ!

20190731_101757[1]

a

1 / 16012345...102030...最後 »

古い記事 »