タケノコ山もはじめて~!しいのみさん&どんぐりさん

みつばちっこ

竹やぶのお散歩も、はじめてのしいのみさん。どんぐり、かえでさんと、一緒にお散歩です。

IMG_1163

 

大きくなった、ニョキニョキ竹を見つけた~!「これなに??」

いつか、この瞳が「おいしい筍掘るぞ!」と名人になっていく姿に繋がっていくんですね。

すべての出会いが、世界を広げるこの瞬間の瞳。どんぐりさんは、今、本当におしゃべりいっぱいです!!

IMG_1237

 

IMG_1249

IMG_1245

年長さんになったら、おいし~い筍堀りにいこうね!たのしみ!たのしみ!

こうして、1年1年、年齢ごとの出会いを重ねながら自然の中で育つみつばちっこです。

IMG_1247

 

IMG_1183

 

 

イチゴアッタ~!!しいのみさん(1歳児)

みつばちっこ

ここ最近、お散歩から帰ってくるなり「(タダイ)マ~!(イチゴ)アッタ~!」「(イチゴイ)ーッパイ!」「パク(ッシ)タ~!!」と、われ先にうれしくってうれしくって報告がい~~っぱいの、しいのみさん!

ひとつ大きくなって、初めてのお散歩先や出会い、経験がいっぱいの毎日!初めてのおいしい出会いも、この春いっぱいです!

 

 

IMG_1079

 

IMG_1082

 

IMG_1077

 

IMG_1220

 

ムシャムシャの葉っぱの中から、真っ赤な野イチゴをジブンで見つけては、手を伸ばす!眼に・手に・指先に・思いがいっぱい!

IMG_1192

 

IMG_1239

 

IMG_1187

 

ドドメの実も、だ~いすき!

IMG_1150

 

IMG_1151

 

IMG_1149

 

おれたちも!カエルとり名人やで~!

みつばちっこ

年長さんについていって、カエルとりを伝授してもらった、かえでさん(3歳児)。この日は“ひとりひとりが、満足して実感できる確かな経験と自信を!!”と、小グループに分かれてのカエルとりにでかけました。

 

IMG_3202

 

それぞれが、ジブンたちのペースで。自分の眼でカエルを探し・・見つけ・・・しっかり、じっくり追って、追って、追って・・・・遊びこむ!

IMG_3201

 

IMG_3205

つかまえた~っ!!!

IMG_3206

最初の頃は、じっくり集中して探し出せなかったり、最後まで挑戦して追い続けることが出来なかったり、ちょっとドキドキだったりだった、かえでさん達も、こ~んな素敵な姿!すごいな~!

IMG_3203

 

 

IMG_3197

 

IMG_3198

 

IMG_3199

 

IMG_3212

おもいっきり、心も身体も開放されながら、遊ぶ!遊ぶ、みつばちっこたちですよ。

IMG_3209

 

 

 

みつばち保育園をつくる会「春バザー!」大盛況!!

お父ちゃん部 つくる会 みつばちっこ

先日、日曜日の「みつばち保育園をつくる会・春バザー」

実行委員さんを中心に、いろいろなアイデアを出しあいながら準備を進めてくださり、当日もたくさんのお手伝いや、あわせて懐かしいOB卒園児や保護者のみなさん、地域の方や子育て相談の方などなど、ほ~んとに大盛況&大成功!

こんな様子でしたよ。

 

 

朝の開店前の準備中!台所はおいしいサンドイッチづくりの仕込み中。お父ちゃんたち、包丁の手際いいな~!とおもわずパチリ。

20180527_090804[2]

20180527_090825[1]

 

20180527_090733[2]

20180527_090845[1]

それぞれの持ち場でも、着々と準備中!

20180527_091607_516[1]

 

20180527_091557_352[2]

20180527_091206[2]

20180527_091058[1]

保護者・OB。職員有志での「竹太鼓♪」で幕があきましたよ~!竹のリズムにあわせて、口唱和♪で、バザーいろいろお店や企画の宣伝あり!!練習の成果!バッチリ!!

20180527_095355_871[1]

20180527_095606_771[1]

大盛況&満員御礼!!!

20180527_104211_294[1]

20180527_124945[2]

20180527_104202_513[1]

 

20180527_124940[2]

 

なつかし&心強い、OB保護者のみなさん。お手伝いありがとう!

子育て・保育・を共に語りあい、意見を交し合い、歩んできた「同志」やな~!と・・本当に、今もなお、みつばちを支えて下さっている、OB保護者の皆さんに感謝ですっ!

20180527_124517[2]

20180527_104222_585[1]

今回のバザーは「集」がテーマ。当日は、OB保護者の、ケーキ屋のお父ちゃんの本格派洋菓子や、きせんきょさんの染物や素敵な雑貨&本格派珈琲、あさも畑と保護者のお店ふぁんふぁんさんのコラボ筍しゅうまいや、事前売りでOBお父ちゃんのお好み焼きや、OB父母ちゃんのイチゴ大福や、バザーTシャツの素敵なみつばちっこイラストを書いてくれたOB母ちゃんや・・・・ほ~んとうに、たくさんの「集」が!これも、又、感謝につきる!ありがとうございました!

20180527_104410_842[2]

20180527_104040_730[1]

恒例「小学生のお店」も、毎年、入れ替わり立ち代り、お店屋さんをごく自然にしてくれています。さすが、小学生!接客やお金の計算もばっちり!

20180527_101111_865[2]

「こどもの広場」もほっこり夢中&写真ありませんが、北園舎でのお楽しみ企画、竹楽器つくりも大好評!

20180527_124652[2]

20180527_124723[1]

クレープおいしいな~人気!

20180527_104026_875[2]

 

「お父ちゃん部」焼きそばは・・代々、長きにわたって先輩父から父へと受け継がれていってますよ。今年は、野の花さん0歳のお父ちゃんが3人も仲間いり。ありがとう!

20180527_104502_251[2]

20180527_104635_571[1]

「お父ちゃん部」の背中のTシャツ&前掛けが光るね~!

20180527_104647_125[2]

バザーの要!の食品担当チーム!手際よいチームワークばっちりやね~。ありがとう1

20180527_104102_516[1]

 

地域の皆さんからも、物品のご協力等、多々いただき、本当にありがとうございました。そして、当日、暑い中足を運んで下さった、たくさんの皆様、本当にありがとうございました。

当日、青空には、みつばちっこの、いっぱいのこいのぼりが悠々と泳いでいましたよ。

20180527_092832_218[2]

 

「みつばち保育園」は京都市勧奨交付金と、1996年の「認可・建設委員会」からはじまる「みつばち保育園をつくる会」の5年間の取り組みによってつくられたものです。総事業費3億円のうち、土地代の全額と建築費の一部は「みつばち保育園をつくる会」の趣旨に賛同された1500人を超える多くの方々の尊いご支援により、みつばち福祉会設立(これもつくる会の運動で独自法人を設立しました)と同時に贈与されたものです。

みつばち保育園をつくる会なくして、この毎日の保育の営みは有り得ません。

その年々の背景は変化をしながらも、その中でかかわり続ける皆さん一人ひとりの声と思いを集めながら、息長く、柔軟に、生み出しながら・・知恵を出し合い・・変化もしながら・・そして、今も、この活動を通しながら「こどもを真ん中」にして、こうして保育や子育ての営みの根幹は脈々と繋がっていくんだな・・と。

私たちは、この沢山の想いを、やっぱり、日々のこどもたちとの歩みで返していくこと。その重みと尊さ、責任に、身を引き締めて、多くの仲間と共に、これからも歩みを続けていきます。

20180527_092757_559[1]

 

 

あ~ん!野の花さん

みつばちっこ

今年の春から新しくみつばちっこになった、野の花組の赤ちゃんたち。

初めての場所や出会う人に、ひとつひとつ「この人は誰?」「いつもと違うぞ」と、しっかりゆっくりと全身で感じながら、毎日すごし、だんだん「おいしいマンマくれる~」「抱っこしてくれる~」「あ~んって気持ち悪いよ~って泣いたら、オシッコ変えてくれて気持ちよ~くしてくれる~」と、ひとつひとつの赤ちゃんの想いに答え、寄り添いながらの日々で、2ヶ月程たった今では、本当に「この人だ~いすきっ!」と、ひろがりと安心を育んで、すっかり「みつばちっこ」になってきましたよ。

 

おいしいね。瞳と瞳をしっかりとあわせながら・・あ~ん。

DSC_2250

DSC_2204

DSC_2203

最近では、園庭やテラスでもほっこりとすごし、その遊びや人との出会いもさらに広がりを見せだしていますよ。(写真がとれていなくって・・・又、素敵な姿アップしますね)

 

 

追伸・・・そして、去年そんな野の花さんだったこどもたち。は、1歳児しいのみさん!ホールで、大きい子のまねっこから「ジブンで~!!」の姿がどんどん!すごいな~。そして、このしいのみさんの園庭の泥んこ遊びや水遊びもまたまた、本当にこの1年で大きな大きな成長をみせてくれる姿ですよ!(これも、またアップしますね)

DSC_2490[2]

DSC_2489[9]

 

DSC_2499[2]

 

 

 

 

古い記事 » « 新しい記事